妻の父の葬儀を家族葬で行いました

妻の父が去年亡くなりました。その際、喪主は妻の兄がおこなったのですが、誰からともなく、家族葬でということになりました。というのも妻の父は既に一人暮らしとなっていてあまり近所との交流もなく、親戚もかなり遠い地方の方ばかり、という状況だったからです。また、正直言って費用についても揉めていました。私は出すことに積極的だったのですが、妻の兄夫妻がとにかく節約したい、と考えていたからです。
そういった経緯で半ば押し切られる形で家族葬で葬儀を執り行う、という形になったのですが、結果的には家族葬で良かったと思っています。通常の葬儀だととにかく費用が掛かるだけでなく、弔問客の対応でかなりいっぱいいっぱいになるのですが、家族葬で近しい親戚しか呼ばなかったことにより、ゆっくりと最期のお見送りができた、と感じられました。
また妻も最初は反対していたのですが、最低限弔花などもうちの父から出させてもらって飾ることはできましたし、そういった部分でやれることはやったということで良かったと思っています。家族葬だからといって一切何もしない、というのではなくしたいことはしていいのだ、というのが新たに知ったことでした。