身内が少なかった私の母は直葬を行いました

PR|家族葬なら寝屋川のフローラルホール

私の母が亡くなった時、入院生活を送っていたとはいえ、まだ元気にしていましたのでもう少し先の事だろうと、葬儀のことについては何の準備もしていなかったので、葬儀社の下調べもしていませんでした。

母が入院していた病院に葬儀社をお任せしたところ、日常的に利用する最寄り駅の近くの葬儀社を案内され、そのまま母の葬儀をお願いすることになりました。

病院から葬儀社へ搬送し安置していただいている間に、葬儀社にて葬儀の内容の打ち合わせをいたしました。

我が家はわけあって親戚と疎遠になり、通夜や告別式を行っても足を運んでくださる方もいらっしゃいませし、お世話になっているお寺などもありませんでしたので、直葬を行う事に致しました。

見送るのは私と夫の二人でしたので、直葬にしてよかったと思っています。

入院の生活を送っていたので母の家はありませんでしたので、葬儀社で母を安置していただいて、火葬する当時は葬儀社から火葬場へ直接向かいました。

納棺も美しく身支度を整え丁寧にしていただき、母も大変穏やかに棺に横たわっておりました。

火葬は母が亡くなった翌日でしたので、準備でバタバタとして母が眠っている葬儀社へ足を運ぶことができず、じっくりと母との最期の別れをすることができなかったのが、心残りです。

病院から葬儀社までの搬送から火葬の手配、出棺までの一通りの流れを行っていただいて、費用は25万円はかからない程度でした。

ここに火葬場での費用が別途かかります。

大手の葬儀社さんでしたので初めからすべての諸費用を含んだ金額の提示をしてくれたので、安心してお任せすることができました。

PR|女性向けエステ.com|GetMoney|工務店向け集客ノウハウ|住宅リフォーム総合情報|お家の見直ししま専科|アフィリエイト相互リンク|生命保険の選び方|貯蓄|生命保険の口コミ.COM|家計見直しクラブ|英語上達の秘訣|JALカード|内職 アルバイト|心の童話|英語上達の秘訣|ショッピングカート|